スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊坂幸太郎 作品ランキング

伊坂幸太郎は結構読んだ。
なんとなく順位をつけたくなりました。もちろん読んだものだけ。

アマゾンの検索結果
伊坂幸太郎の作品

1位 死神の精度
オレが伊坂幸太郎の作品に最初に買った作品。それ以来はまっています。
死神といっても既存のイメージではなく、普通な感じが最高です。
そして、短編がリンクしている所にえらく感動した記憶があります。

2位 ラッシュライフ
同時進行する物語が、最後にガチッとつながる感じが爽快です。
最初は意味不明だらけで、それがこうなるから、こうなって、さらにこうなる。
みたいな連鎖が楽しい。

3位 ゴールデンスランバー
まあ、これは本屋大賞になったくらいだし。
伊坂幸太郎の作品の中で一番わかりやすいかなと思う。

こんな感じ。4位以降はまた気が向いたら。
スポンサーサイト

theme : オススメの本の紹介
genre : 本・雑誌

オー!ファーザー 伊坂幸太郎

最近の伊坂幸太郎はイマイチ。
コールデンスランバーがピークか?
読みやすいは読みやすいんだけど。

そんな感じでこれを。



あらすじは
みんな、俺の話を聞いたら尊敬したくなるよ。我が家は、六人家族で大変なんだ。そんなのは珍しくない?いや、そうじゃないんだ、母一人、子一人なのはいいとして、父親が四人もいるんだよ。しかも、みんなどこか変わっていて。俺は普通の高校生で、ごく普通に生活していたいだけなのに。そして、今回、変な事件に巻き込まれて―。

なんだろう。
この本て最大の謎がどう考えても解かれていない。
なんかすっきりしない。

評価 ★★☆☆☆(2つ)

theme : 読んだ本。
genre : 本・雑誌

まずは競馬の報告を

皐月賞。

まあ当たらないです。なんせレーヴ中心なので。

では、レーヴドリアンを中心に皐月賞を。
まずは新馬なみのスタート、もっさりゲートを出ました。
そしてちょっと勢いをつけて、定位置(後ろから2頭目)に到着。
道中は最終コーナーで大外をぶん回すことだけを考えてなにもせず。
3角あたりは置いてかれないように外目をまわしつつ。
4角ではいつものように大外をぶん回し。
ちょっとのびて見せ場無く9着ゴール。ピサどころか、ヒルノに完敗。
ハァ・・・いつものコースだけど。

次に、トーセンアレスを中心に皐月賞を。
まずまずのスタート、しかしなぜかドンドン後ろに下がって1角では最後方。
絶対的な芝でのスピード不足か?
道中はなにもせず最後方を追走。
3角でスピード上げていき。
4角ではまさかのレーヴドリアンより大外をぶん回し。
まったく見せ場無く14着。
ハァ・・・なんでそこに。

面白くない皐月賞でした。

theme : ▼どうでもいい話
genre : 日記

「FF13」が終わり「龍が如く4」を

年末にFF13を買って、やっと満足して終了。
ミッションの1部をやっていないが、70時間もやれば十分です。

いまさらながら感想は「オレは面白かった」ですかね。
さすがにもうネタバレに注意しなくてもいいと思うので。

以下ネタバレあります。

FF13の特徴を簡単に言えば
1、敵が見えている(当たると戦闘)
2、3人パーティ(最大)で操作できるのは1人だけ、他2人は役割を切り替える(操作している一人が死ぬと終了)
3、役割はアタッカー(物理攻撃)/ブラスター(魔法攻撃)/ヒーラー(回復)
 /ジャマー(敵弱体魔法)/エンハサー(味方強化魔法)/ディフェンダー(ひたすら防御)の6つ。
4、役割はキャラクターによって基本的には3つ選択されている。
5、キャラと役割を組み合わせて戦う
6、レベルはなく、成長は経験値をポイント割振
7、成長はポイント割振だが、結局普通にラスボスまで進むとほぼ同じ形になる
8、どのキャラを使おうが、全員の経験値が増える
9、HPしかなく、魔法は使い放題。
10、HPは戦闘終了後に回復。
11、戦闘で死亡しても、戦闘の直前からやり直せる


8、9、10、11あたりがあったので、結構楽に進める感じ。
ガンガン進んで、ガンガン死んで、ガンガンやり直して。
このサクサク進む感じは結構好きです。


こんな感じの人は好きじゃないかも
・死ぬのが嫌な人(死んで弱点見つけながら戦闘が基本)
・独自の成長させたい人。HPないけど魔法超強い人とかにはならない(結局同じ成長に)
・すごくやりこみたい人(ラスボス以降はミッション全クリアしかやることないよ)

まあ普通に進んでクリアまで50時間くらいかかるから、結構いいゲームだと思う。


theme : ▼ゲームの話
genre : ゲーム

パチプロコード 伽古屋 圭市

最近ミステリーで読む物がなくなってきました。

私の基本的な買い方は作者とネットのレビューでした。
あとがき読んでとか、最初を読んでとかの買い方がわからないため、常に情報を仕入れていないと買う本が無くなる。
最近は店ポップとか本の帯とかも充実しているので、この本はそれで買ってみました。



第8回『このミス』大賞優秀賞受賞作品だそうです。

内容も面白く、謎解きも良かった。
題材から暗い裏社会的な感じかなと思いましたが、まあ普通の人たちの話。
パチンコとプログラムがわかるオレとしては、ちょっとツボにはまりました。

評価 ★★★★★(5つ)

theme : オススメの本の紹介
genre : 本・雑誌

先週の収支は

先週ももちろん競馬買っています。

NZT はずれ -5000 +0
桜花賞 当たり -5000 +14400(馬連1000円)

これで9戦6勝 +60000

それにしても大きいのが当たらないな。

今週はレーヴ中心で。

調子がいいよ

馬券が絶好調です。
最近はPOG持ち馬を中心に買って、POGの上積みと馬券が当たって一石二鳥。

伏竜SもPOG持ち馬トーセンアレスから馬連3点で的中しました。
今回は3000円投資の28000円回収で結構な儲け。
これで競馬は今年に入って7戦5勝です。
それでも毎年25戦5勝の勝率2割しか当たらないオレにとっては脅威の数字。
このままいくと年間プラスと年間最高回収になりそうです。


POGはザタイキが予後不良となりショックでしたが、優勝はレーヴドリアン次第になってきました。
あとはトーセンアレスとツルマルジュピターがあと+1500ずつ加算くらいでしょうか。
レーヴドリアンは皐月賞でも結構いけると思うけど、やっぱり狙いはダービーだとおもう。

馬券的にはダービーは過剰な人気しそう。
買うなら皐月賞だと思う。条件はスタートがポンと出ることだけど。
マークされてない分ピサと脚質がちがうのはいい。

まあクラシックはレーヴと心中だな。

theme : POG
genre : ギャンブル

カレンダー

03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

プロフィール

ライトオ

Author:ライトオ
東海地区在住の30代のおっさんです。
このブログはリンクフリーです。
勝手にリンク貼ってもらってかまいません。

ようこそ

ブログ内検索

RSSフィード

競馬

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。